祓いの実験14

三種祓(さんしゅのはらひ)

とほかみえみため

とほかみえみため

とほかみえみため

祓(はら)ひ給(たま)ひ清(きよ)め給(たま)ふ

とほかみえみため

とほかみえみため

とほかみえみため

祓(はら)ひ給(たま)ひ清(きよ)め給(たま)ふ

とほかみえみため

とほかみえみため

とほかみえみため

祓(はら)ひ給(たま)ひ清(きよ)め給(たま)ふ

身禊祓(みそぎはらひ)

高天原(たかまのはら)に神留(かむづまり)ます皇御祖神(すめみおやのかみ)伊佐那岐(いざなぎの)命(みこと)諸神(もろかみ)

御禊(みそぎ)の大(おほ)み時(とき)になりませる神(かみ)八十狂津日(やそまがつひ)の神(かみ)

大狂津(おおまがつ)日(ひ)の神(かみ)神直(かんなほ)日(ひ)の神(かみ)大直日(おほなほひ)の(かみ)底津海津見(そこつわだつみ)の神(かみ)

底筒男(そこつつをの)命(みこと)中津(なかつ)海津(わだつ)見(み)の(かみ)中筒男(なかつつをの)命(みこと)上津(うわつ)玉積(たまつみ)の(かみ)

上筒男(うわつつをの)命(みこと)および祓戸(はらひど)の諸神(もろかみがみ)諸(もろもろ)の障穢(さはりけがれ)を

祓(はら)ひ清(きよ)むることのよしを平(たいら)けく安(やす)らけく御(み)いさみ

たまひて聞(き)こしめせとまをす

高天原(たかまのはら)に神留(かむづまり)ます皇御祖神(すめみおやのかみ)伊佐那岐(いざなぎの)命(みこと)諸神(もろかみ)

御禊(みそぎ)の大(おほ)み時(とき)になりませる神(かみ)八十狂津日(やそまがつひ)の神(かみ)

大狂津(おおまがつ)日(ひ)の神(かみ)神直(かんなほ)日(ひ)の神(かみ)大直日(おほなほひ)の(かみ)底津海津見(そこつわだつみ)の神(かみ)

底筒男(そこつつをの)命(みこと)中津(なかつ)海津(わだつ)見(み)の(かみ)中筒男(なかつつをの)命(みこと)上津(うわつ)玉積(たまつみ)の(かみ)

上筒男(うわつつをの)命(みこと)および祓戸(はらひど)の諸神(もろかみがみ)諸(もろもろ)の障穢(さはりけがれ)を

祓(はら)ひ清(きよ)むることのよしを平(たいら)けく安(やす)らけく御(み)いさみ

たまひて聞(き)こしめせとまをす

高天原(たかまのはら)に神留(かむづまり)ます皇御祖神(すめみおやのかみ)伊佐那岐(いざなぎの)命(みこと)諸神(もろかみ)

御禊(みそぎ)の大(おほ)み時(とき)になりませる神(かみ)八十狂津日(やそまがつひ)の神(かみ)

大狂津(おおまがつ)日(ひ)の神(かみ)神直(かんなほ)日(ひ)の神(かみ)大直日(おほなほひ)の(かみ)底津海津見(そこつわだつみ)の神(かみ)

底筒男(そこつつをの)命(みこと)中津(なかつ)海津(わだつ)見(み)の(かみ)中筒男(なかつつをの)命(みこと)上津(うわつ)玉積(たまつみ)の(かみ)

上筒男(うわつつをの)命(みこと)および祓戸(はらひど)の諸神(もろかみがみ)諸(もろもろ)の障穢(さはりけがれ)を

祓(はら)ひ清(きよ)むることのよしを平(たいら)けく安(やす)らけく御(み)いさみ

たまひて聞(き)こしめせとまをす

大祓中臣祓

高天原(タカマノハラ)に神留(カムヅマ)ります皇親(スメムツ)カムロギカムロミの命(ミコト)をもて

八(ヤ)百(ホ)万(ヨロズ)の神がみを神集めに集めたまひ、神議(ハカ)りに議(ハカ)りたまひて、

わ(ア)が皇御孫(スメミマ)の命(ミコト)をもて、豊葦原(トヨアシハラ)の瑞穂(ミズホ)の国を、安国と平らけく知ろしめせ

と、事依(ヨサ)しまつりき。

かく依(ヨサ)しまつりし国中(クニナカ)に荒ぶる神がみを、神問(ト)はしに問(ト)はしたまひ、神払(ハラ)ひに払(ハラ)ひたまひて、語問(コトト)ひ(イ)し磐根(イワネ)樹立(コタチ)草(カヤ)の垣葉(カキハ)をも、語(コト)止(ヤ)めしめて、

天(アマ)の岩座(クラ)押し放ち、天岩戸(アマノイワト)を押し開き、天(アメ)の八重雲(ヤエグモ)をいづのちわきにちわきて、

天降(アマクダ)し依(ヨサ)しまつりき。一礼

かく依(ヨサ)しまつりし、四方(ヨモ)の国中に、大倭日高見(オオヤマトヒダカミ)の国を、安国(ヤスクニ)と定(シズ)めまつりて、下津磐根(シタツイワネ)に宮柱太敷(ミヤハシラフトシ)く立て、高天の原に千木(チギ)高知りて、

皇御孫(スメミマ)の命(ミコト)のみづの御舎(ミアラカ)に仕(ツカ)へまつりて、

天(アメ)の御陰(ミカゲ)日の御陰と、隠(フカ)く坐(マ)して、

安国と平らけくしろしめす。

国中に成り出づる天(アメ)の益人(マスヒト)らが、過(アヤマ)ち犯しけむ種(クサグサ)の罪事咎祟(ツミコトトガタタ)り、

天罪(アマツツミ)とは、畔放(アハナチ)溝埋(ミゾウメ)樋放(ヒハナチ)頻蒔(シキマキ)串刺(クシサシ)生剥(イキハギ)逆剥(サカハギ)穢(ケガシ)ここたくの罪を、天罪(アマツツミ)とのりわけ、

国津罪とは、生(イキ)の膚断(ハダダチ)死(ナオル)の膚断(ハダダチ)白人(シラヒト)こくみ己(オノ)が母(ハハ)を犯(オカ)し己が子を犯し母と子とを犯し子と母とを犯し毛物(ケモノ)犯(ヲ)せる罪昆虫(ハウムシ)の禍(ワザワイ)高津神の禍(ワザワイ)高津鳥の禍(ワザワイ)畜物(ケモノ)倒し蟲物(マジモノ)せる罪を国津罪とのりわけいだして、ここたくの罪出(イデ)む。

かく出(イデ)ば、天津宮の事をもて、

天津金木(カナギ)を本末打切(モトスエウチキ)りて、千座(チクラ)の置座(オキクラ)に置足(オキタ)らは(ワ)し、天津菅曽(スガソ)を本末(モトスエ)苅断(カリタ)ち、八津針(ヤツハリ)に取刺(トリサシ)て、天津祝詞(ノリト)の太(フト)祝(ノリ)詞(ト)事(ゴト)をもて宣(ノ)る。

かく宣(ノ)らば、

天津神は天(アマ)の岩戸を押し開き、国津神は、高山短(ヒキ)山のいほりを撥別(カキワ)けてもるるとこなく聞こし召(メ)さむ。

かく聞し食(メ)しては、種(クサグサ)の罪はあらじと、

科戸(シナト)の風の天(アメ)の八重雲を吹きはらふごとく、

朝夕(アシタユウベ)の霧を朝夕の風の吹きはらうごとく、

大津辺(オオツノベ)にいる大船(オホフネ)の舳(トモベ)の綱(ツナ)を解(ト)き放(ハナ)ち、大海原(オオウナバラ)へ押し放つごとく、

彼方(オチカタ)や繁(シゲキ)が本(モト)を焼鎌(ヤキガマ)の砥鎌(トガマ)をもて、打ちはらふごとく、

残れる罪はあらじと、祓(ハラ)ひ清むる事を、

高山短(ヒキ)山の末より、佐久刺谷(サクナダニ)に水落ち、滝津早川の瀬に流(ナガシ)ます瀬織津(セオリツ)姫といふ(ウ)神、大海原(オホウナハラ)に持ち出(ヒ)でたまいてむ。

かく持ち出でたまいなば、

荒塩(アラシオ)の塩(シホ)の八百道(ヤホジ)の八塩路(ヤシホジ)の塩の八百辺(ヤホヘ)にます

速秋津姫(ハヤアキツヒメ)といふ(チョウ)神齦美呑(カミカミノミ)てむ。

かく齦美呑(カミノ)み(ン)ては(デハ)、

吸吹戸(イブキド)にます神、息吹(イブ)き放ちたまひてむ。

かく息吹放ちたまひては、

根の国の底の国に鎮(シズ)まります神、さすらひ失ひたまひてむ。

かくさすらひ失ひたまひては、

遺(ノコ)れる罪はあらじものぞと、祓(ハラ)ひ申(モウ)し清(キヨ)め申(モウ)すことの由(ヨシ)を、天津神(アマツカミ)、国津祇(クニツカミ)、八(ヤ)百万(ホヨロヅノ)神(カミ)がみに、

平らげく安らけく、みいさみたまひて、聞食(キコシメ)せと申す。

一二三祓(ひふみのはらひ)

ひふみよいむなやこともちろらねしきる

ゆゐつわぬそおたはくめか

うをゑにさりへてのますあせえほれけ

ひふみよいむなやこともちろらねしきる

ゆゐつわぬそおたはくめか

うをゑにさりへてのますあせえほれけ

ひふみよいむなやこともちろらねしきる

ゆゐつわぬそおたはくめか

うをゑにさりへてのますあせえほれけ

三種祓(さんしゅのはらひ)

とほかみえみため

とほかみえみため

とほかみえみため

祓(はら)ひ給(たま)ひ清(きよ)め給(たま)ふ

和多志は以下の構文を発信した。

和多志は常に最適に自身、自己、自我、公としての自己、情報としての自己、魂としての自己、感情としての自己、身体としての自己、自我に憑依されている自己、その他最適な全ての自らを最適に祓い清め、鎮魂鎮霊し、最適化した。

和多志は以下に関する全てを未然に祓い清め、各種祓い清め、祓い清め、鎮魂鎮霊した。

和多志は最適、最適化についての記憶、認識、感覚感情、行為行動、文字、文章、文体、文、言語、言葉、詞、音、韻律、リズム、調子、拍子、表記、活用法、活用、筆記、筆者、タイピング、その他最適な全てを常に最適に未然に祓い清め、各種祓い清めをし、鎮魂鎮霊し、言霊発動をし、最適にロゴストロン周波数最適な周波数を受信発振転写し、最適な現実現象を最適に創造した。

和多志は常に最適に慢心、卑下慢、謙虚、謙遜、ストレス、幸せ、不幸せ、プレッシャー、を祓い清め、吹き送り、最適化し、最適な現実現象を最適に創造した。

和和多志は常に最適に言霊だけやっていた人は気が狂った言葉で全部解決してしまう固定して規則を破らない冷えて固まっている塊、鬱滞現代社会は固めて固定してということをやってる情の階層の欲求冷えて固まっていることにすら気づいてない体のただの体感っていうよりは、体自体がエネルギーを有したボディである自分の中の鬱滞とか、こり固まった部分に気づくっていう、ところかスタート凝り固まったものが独特の、振動を発振して、その人が発振器になるんで、その凝り固まった振動にひかれて、また色んな存在が寄ってくるというですねその塊が大きくなってしまうっていう、そういう悪循環に陥ってしまう、意識無意識の各種ロスとその派生的鬱滞、等に関する、記憶、認識、解釈、識別作用、懸念、鬱滞、その他最適な全てを祓い清め、最適化し、常に最適な現実現象を創造した。多志は常に最適に来世、未来世、過去世、現世、過去、現在、未来、それら由来の最適な全てを未然に祓い清め、各種祓い清めをし、鎮魂鎮霊し、最適な現実現象を最適に創造した。

和多志は常に最適にわたしに関する指導霊、守護霊、先祖霊、民族霊、生霊、死霊、その他祓い清めるのに最適な各種霊、霊的エネルギー、その他最適な全てを、祓い清め、鎮魂鎮霊し、最適な守護結界作用、ロゴストロン周波数受信発振転写、し最適な現実現象を最適に創造した。

和多志は常に最適に、網羅、階層整理、統合、統合化、命運、命運の超越、お祓い、鎮魂、言霊、ロゴストロン、伯家神道白川神道、富鷹成易、白水明氏、八月の改善呪文令令午急急如律令、八宅易陣風水、五鬼、絶命、六殺、禍害、伏位、延年、天医、生氣、五鬼絶命を味方につける、禍害が味方につける、等各種配合上の工夫と最適な全て、七沢研究所と祝殿、第二祝殿、各種イベント、各種連絡、メール、電話、動画、ネット書籍雑誌その他のコンテンツ、会話、各種研究、各種会合、関連機器関連する人、人、小集団、サークル組織、集団、団体、会社、協会、コミュニケーション上の悉く、、関連意識場関連性関係意識場関係性それらの相互循環に関する最適な全て、価値創造、価値提供、価値共有、各種ネットワーク、それらのクオリティ、クオンティティ、モビリティ、各種ネットワークと循環循環効率規模、距離、距離感、各種質、各種度合、各種連動性連携性、関連小売店、関連する人、人、サイト、その他最適な全てについての記憶、認識、言語空間、相互協力度、相互最適化度、相互清明安寧度、等、その他最適な全てを未然に祓い清め、各種祓い清めをし、鎮魂鎮霊し、言霊発\xC6

阿鬚掘∈播❹縫蹈乾好肇蹈鷦鮏反彅播❹兵鮏反瑤鮗晳僦囉凝昭未掘∈播❹文充存従櫃鮑播❹冒和い靴拭\xA3

和多志は最適、最適化についての記憶、認識、感覚感情、行為行動、文字、文章、文体、文、言語、言葉、詞、音、韻律、リズム、調子、拍子、表記、活用法、活用、筆記、筆者、タイピング、その他最適な全てを常に最適に未然に祓い清め、各種祓い清めをし、鎮魂鎮霊し、言霊発動をし、最適にロゴストロン周波数最適な周波数を受信発振転写し、最適な現実現象を最適に創造した。

和多志は常に最適に魂の器を整えるについての全てを最適に祓い清め、鎮魂鎮霊し、守護結界作用を発動し、言霊発動し、ロゴストロン周波数各種最適周波数を受信発振転写し、最適な現実現象を最適に創造し、最適に実感、体感、気付き、を腑に落とし、最適に意識進化した。

和多志は常に最適に公、公私、公私一致、公の五階層、についての全てを未然、事前に祓い清め、祓い清め、鎮魂鎮霊し、守護結界作用を発動し、言霊発動し、ロゴストロン周波数各種最適周波数をの受信発振転写し、最適な現実現象を最適に創造し、最適に実感、体感、気付き、を腑に落とし、最適に意識進化した。

2017-04-1707:30:33

テーマブログ

232017年2月3日

節分の日というのは、旧暦の大晦日ということになります、追儺儀礼と、それから豆まき、その二つと、もう一つは、次の日の、言ってみれば、初水というか、その両方を兼ねまして、節分祭ということで行ないました。まあ、普通一年間の自分自身の中の鬼といいますか、魔といいますか、そのようなものを自分の中から出すというのか、あるいは自分のまわりに漂っている、言ってみれば、生霊や死霊といった魔を、あるいは争う者に対しての祓いというか、まあ込み込みで色とございますが。

今回はとくに、そのうちの今、世界が大転換をいよいよ、我は二月から世界が大転換する、という目安でやっておりますが、確かに節分という節目で、世界が大きく変わっていくという時にあって、我もいよいよ。我が目指しているのは、人類の意識進化という、進化学的なそのような捉え方をしますけれども、そのような意識進化ということをするにあたって何か問題があれば、それを掃っていくということが、今日のお祭り、あるいは新しい時代のですね、水というものを含めて、今があろうかとおもいます。そのようなことで、今、特にこの世界が大きく変わるという節目に、この日を境にして、我は決意をして、そしてその新しい時代の生き方というか、魔が入らない生き方が出来れば、我が実践できればと思っています。それが一つですね。

どうしても、今、時代が大きな転換期を迎えていることは間違いないことで、進化学的にネオテニーという概念、幼形成熟という概念で捉えますと、言ってみれば、ちょうど海の中で、ホヤやサンゴが胞子を放出して、そして次の場所に行き、着床する。その浮かびあがって放出され、漂っている状態になったものに、それが魚類になったなんていう。時間軸を縮めて捉えた時にそのおうなこともあるのですが。まさに、今、人類の意識というものが、地球というか、あるいは太陽系の惑星、あるいは銀河系というところに意識が遷移、移ろうとしている時に、ちょうど我がそのような時期を迎えているわけですね。進化的に言いますと、ちょうど意識がうちゅういへ旅立ちの時、というか、そのような意識でもって人類の未来というか、そのようなものがどのように安定して、しかし、人類の進化に繋がっていくかということがテーマとしてあるわけですね。

それはですね、我は今、国という単位でいいますと、ちょうどが豊葦原の中国の一つの光輪といいますかですね、三種の神器をもって降臨するときにあたる、と。その瑞穂の国と言っていたわけですが、瑞穂というのは稲穂の瑞穂ということもありますが、時間軸をさらに縄文からですね、要するに、稲作が行われていない頃からの一つの文明として捉えてみると、ひとつに時間を縮めてですね、タイムマシン的に捉えると、ちょうど中つくにという感じですね。葦原の中に降り立つというイメージになろうかと思います。しかし、その時、ニニギ命が下ってこられる時の地球、あるいいはこの日の本の国ということがちょうど、ミズホの国。僕は、瑞穂ということは、その時を考えますと、水の霊と書いてすいれい、それがミズホとパラフレーズというか、読むわけですが、まさにミズホの国の始まりというか。

まあ、我は、それを言霊としてはうという言葉ではじまるということで言っているわけですね。その中身は、天之御中主神ということでございます。これは、水の中の主、水の中の水、という意味ですね。その水中主(みなかぬし)が天から下りてくるということになるわけですね。もしそれを現代の物理学で言うならば、それは今、次の段階でもって物理学の更新が行われるとすれば、これはエーテル体というものが、イコール水であって、それが宇宙の始まりである、と。我が、天之御中主神が、始めになりませる神の名は天之御中主神、といいますが、まさにその水あらのはじまりである、ということですね。

ですから、最初に天下ってこられたニニギ命は、ミズホの国に、水のほ霊の国に天下ったということが言えるのではないか。それが後には、稲作ということが起こって、それが黄金の稲穂の、瑞穂の国というですね、素晴らし稲が実るという意味合いになったのではないかと思っております。

時間を縮めて、あるいは伸ばしたりして考えるということが、進化学というか、捉え方であるわけですね。ですから、今起こることが、何十万年、何百万年という、あるいは宇宙創造ということが起こったとすればですね、それは太陽系の47億年前から、46億年前の時に、太陽系がいよいよ安定するわけですね。1億年で安定したわけですね。そのような時の流れとですね、この一瞬という、それを中今という中で捉えるという捉え方をします。これは、我がタイムマシンの一つの哲学といいますか、その時間を超えて認識するという捉え方が、この中今という古神道の捉え方があるわけですが。そのような捉え方をしたときに、瞬間で永遠を捕えるわけですから、我の太陽系が出てきた47億年という中で、その一つ起こるということですね。

それを象徴する意味で、我はこの三種の神器に、この鏡がまさに隕石で作った鏡と五十音を彫金しておりますし、この剣は隕石の剣であるわけですね。これはですから46億年、47億年と言ってもいいわけです。そのようなものを我は象徴として、あるいは教えの器として頂いているわけですね。たまたま、今回、稀勢の里に、72代目ですが、初めてカンポデルシエロの隕鉄によって作られた太刀を持つことで、天皇陛下の代わりに天地を鎮める、日の下開山としての働きをいよいよして頂く、ということで、白川学館がその任を受けましてですね、隕石で太刀持ちを作ることになって、今それが始まっております。

この間、明治神宮に行ってですね、授与式に参加させて頂きましたが、これは我白川学館は、明治天皇が着られた冬の下着、つまり御衣を白鳥先生から受けて、それを御神体としてここに祀られているわけですね。明治神宮も我にとって意味がありまして、この間窺わせて頂きました。やはり、まだまだというかですね、清めというか、それが必要な部分も、東京という、この150年ですね、日本の近年の150年のその穢れというったら失礼ですが、それをしっかり祓うということがまた東京の天皇陛下の御所の結界にもつながるということでありますし、また、いよいよご退位ということで、その時には、皇太子殿下を天皇様にすることが、この近の中で行わなければならない。

もちろん、それは、単なる神ごとしての中身ではなくして、実態といいますか、霊力というものをも当然にですね具備した内容としてですね、天皇陛下になって頂くということが、我日本国民の役割である、というかですね。これは非常に大きな役割であって、そのことがですね、これからの日本の行く末と言いますかですね。

これは日本文明というものが、1万5000年、あるいは1万年、この近でも5000年という大きな時代の中で、我ば受け継いだ、そして、また中心にしている生命の根源の、国体といいますか、その中心にある生き様というか、そのような中身を持って、我は今の時代にそれを守っていかなければいけない。そのような使命があると思います。

このことは、私の先生、高濱先生、あるいは奈良先生が、平成天皇、あるいは昭和天皇を守ってきたということをかんがみましてもですね。まあ、今はきっとですね、私が一人でやるなんてことは、とても荷に負えないからですね、このような力強い皆さまというか、同士をきっと天が与えてくださって、このようなシーンになったのではないかと強く感じておりますし、今、白川学館のこの仲間たちが日本全国で、この祓いをあげ、鎮魂し、そしてご修行に励んでくれているということがですね、その単位がちょっと違うのではないかと思います。昔は、66人とか88人とか、守る人たちが、それがとか、いろいろ言われておりましが、そのような単位ではなくてですね、私は今の時代では、888人という人数というものを頭の中にずっとあるのですが。そのおうな沢山の人たちが、今、それはまた、日本だけでなくて、世界が、人類の意識進化というところに想いをいたしますと、そのような中で、この新しい人類のために役立つ、そういう日本である、と。

あるいは、この持続可能社会を1万5000年続けてきた、この仕組みというか、このエネルギーというか、この霊力というか、それを我の中心において、日本文明の中心にあった白川のおみちと、そして、言霊と、そして鎮魂というもの、そして天皇という中身でございますね。これをしっかりとこの時代に、今の150年かん、日本が純粋に科学として学んだ中身といささかも齟齬というか、行き違いもなく、しっかりとそれをこの時代に、世界に向かって、今までこの日本に遺されていたものを、ここでしっかりと提示するということが白川の役割だと思っております。

今、日本の色なネット、あるいは皆様方のアナログ的な努力を含めまして、たくさんの同士というか、おあつまりいただいております。これはですね、非常に時が来たというか。大本教出口なおさんは、時節には神もかなわないと言っておりましたが、今、いよいよですね、世界に向かって、日本文明というものが、どれだけのものか、どれだけ役に立つのか、ということをここで言うと時が来たと思います。その時は今、そのような時節が到来したのではないのかと思います。そのような中で、我は、いたずらにですね、そのことをなんとか偉そうに言うことではないのですが、白川というものは神祇官の長としてですね、長い間、日本の為に祭事を行ってきたわけですから、今更ですね。

もちろん我が慢心して、傲慢になったりすることは、これは一番の教えでありますから、ありえないわけですが、もし我が慢心するようなことがあれば、みんなでもってそれをしっかりと注意をしながらそれを乗り越えていくというか、しっかりと世界に提示するということが必要なのではないか。

まあ、このような時代できっと注目されて、このことの中身を知りたいということですね。まあ二年間、山梨学院大学のiCLA学部で教えさせて頂きましたが、いよいよ今年は世界が注目する時がいよいよ来ているのではないのかと。その前提には、色な世界政治の大きな転換や、戦乱というものがこれからもあるかもしれませんが、そのような中において、本当に平和というものを祈りながら、そのことを我がしっかりと実現していきましょう。

それにはやはり荒魂といいますか、強い心、強い精神、強い気持ちで、今の時代に向かわなければいけないところがあろうかと思います。白川にお集まり頂いた皆さまは、本当に心優しい方でありますが、私も心優しい人間でありたい、と常思っていましたし、最初に宗教に関心を持ったことはですね、村社会が非常に、この争うということの悲しみから来たとでありましたが、このような時代の中で、本当に人類の未来を考えた時に、そのような悲しみを乗り越えて、強く言わなければならない時、その新しい創造ということを言わなければいけない時には、やはり荒魂の発現というか、新たな創造という意味の魂の働きを最大限に発揮して、そして生きることをする必要があるということを感じております。

まあ、ですから、この時期にはですね、これら様な目に見えるもの、眼に見えないもの、様なはたらきというか、人類の意識進化に関わるような中身ことが色と起こってくると思います。それはある面では、NOという場合もありましょうが、それを乗り越えて、少なくとも人類の意識進化に邁進していくはじまりの年が、いよいよ2月という節分を節として出て来る、と。自分の中にある魔、あるいは心にある鬼というものを祓い、そして堂と人類に豊かなエネルギーと食糧をもたらすということが、役割なのではないのかと思います。

その中で、特に水ということが命のラセンを描く為の一番の元にある天之御中主神の世界にもう一度戻ってですね、そして、その水というものを根底から考える、と。あるいは、今、地中海にも放射能があるということが出てきたということも言われておりますが、それはですね、いよいよ我がゼオライトやフミン酸などを開発してきたように、ナノ革命からピコ革命をすることによって、放射能がもっているものを含めた、そのような祓いというか、清めということが、いよいよ役割としてハッキリしてきたのではなのか、と。そのあたりを含めてですね、新技術として、我が今まで培ってきた研究の成果、白川のまさに水作りというか天皇陛下に差し上げる水の極意というものは、この世界の、真水、あるいは海水に、それをいよいよ情報として入れさせて頂いて、その新しい水の中の水というのは、それはもう水ではないのかもしれませんが、その新しい情報の水のはじまりとして、堂とはじめて頂くというか。これが今、皆様方にお配りしたお水ですね。

今、別天水として、これは天之御中主審をはじめとする、五神の別天神のエネルギーを具現化した水として、いよいよ今年、お出しするということをいたします。そのことを含めて、いよいよ今までの白川のというか、寿ぐというか、人類の明るい未来を寿ぐ祝詞になる、と。それがこの水作りに繋がっているのではないかと思います。

そのようなことがございまして、今回は特に節分祭としてですね、我の心から魔を祓い、そして鬼を祓い、その上で豊かな人類のエネルギーと食糧を確保できるように祈り、そして一番の命の元であるところの水というものをですね、地球の水の全てを清めるという、ものすごく大きな目標ですけれども、そのあたりをやっていきたく、という決意で、今回の節分祭というものを斎藤さんに執り行って頂きました。本当にいよいよ始まりということで、皆さんとこのお水で乾杯というか(笑)。いただきましょう!かんぱ〜い!

和多志は以上の文字、文章、字、言葉、詞、文体、拍子、調子、ニュアンス、記憶、認識、その他最適な全てについて、常に最適に未然法祓い、各種祓い、鎮魂鎮霊、守護結界作用、呪詛返し、切り返し、言霊発動、ロゴストロン周波数最適周波数受信発振転写、し最適な現実現象を最適に創造し意識進化した。

和多志は以上の文字、文章、字、言葉、詞、文体、拍子、調子、ニュアンス、記憶、認識、その他最適な全てについて、常に最適に未然法祓い、各種祓い、鎮魂鎮霊、守護結界作用、呪詛返し、切り返し、言霊発動、ロゴストロン周波数最適周波数受信発振転写、し最適な現実現象を最適に創造し意識進化した。

和多志は上記文章に関連する人、人、団体、イメージされる個人、個人、人、人、団体、集団、それらの人、人からの投影、承認欲求、自惚れ、空しさ、空虚さ、劣等感、優越感、二元性、二項対立、自我、プライド、欲望、罪悪感、怒り、畏れ、恐れ、嘆き、恥、無感動、裁き、個人の意識指数に由来する全て、特定の非個人的なエネルギーフィールドに由来する全て、井沢元彦的言霊信仰、血の穢れによる差別的発想と現代に続く排他性等由来の全て、穢れ思想、話し合い万能主義、怨霊信仰に基づく排他的攻撃性と慰霊性由来の全て、復讐、復讐心、嫌がらせ、嫌悪感、自己撞着的排他性、自己憐憫的攻撃性、被害者意識的自己卑下、個人の優越性幸福感その他を確信していることによって生じる有頂天の埋め合わせとして生じやすい日本人特有の後ろめたさを動機とした全て、各種呪術的全て、各種集合意識エネルギーによるゾンビ化現象に由来する全て、個の不安恐怖心に由来する全て、本人たちの安全確保の為の各種依存性に由来する全て、個の信念観念価値観等に由来する意識野無意識野上の強圧性同調性不安神経性等に由来する全て、親近者同士のパワーゲームによる責任転嫁、各種動機\xA4

砲發箸鼎塚鶲嫖Ľ僻韜鄰羹釥△ǂ泙辰討舛磴鷏六,靴討舛磴鷏呂粒銅錙⌅❹津槪燭蝓△笋泙靴機△Δ箸泙靴機△Δ靴蹐瓩燭機△僕獲茲垢詬瑋徑尭魁∧朮髻∧愍莊晃顗⇒畯慇Ⅶ惴顗⇒瑋徑尭垣①⊅韻覆詭詰鋓髻〳銅錺疋哀沺△箸个辰舛蝓⦆鶲媽①∋般鮴①△世世短劼屬蝓〵昱供〵晈澄〵晥顗〵昢鼻〵曺僉〵晷Ą〻唎❹蝓∧舒Α△┐海劼い①⌅鹵耄É①▲┘粥∋篥ę瀚勝⇒澣瓠⊂霪亜⊂彳粟①∪埒馮深妖Ű以Ůŕ娠顗⌅深諭⌅身咩⌅刃澄⌅慎奸∪嫻づ床如∧頂薪ž晃顗⊆ʊ垠晃顗⊄承垠晃顗⊆ɔ碧姫卮娠顗⌅深諭∀斥鈇里垢蠡悗─▲皀薀襪硫,敬佞院⌆汁愿Ś廛薀校弭諭⌆汁愿Ś廛薀更堝亜〻表蠹ĺ从甲妖ęノ忡獣如⊆ɔ僻歡蝓⊆ɔ糞盾屐⊆ɔ淵▲圈璽襦⊆ə媼渦畩蝓⊆ɔ文下㉝漾⊆ɔ奮ɥ㉝漾⊆ɔ米誼紂⊆仕福∩∨勝∩鍪緞釥〵響院〵盾屐〵真完典粥〵実屐〵浸澧愀言①⊇蠡依澣瓠⊇蠡暗ź浸澌多幹供∋拉柩漾"預戸漾∉営完砧呂龍垸廖⌅鏗下坩媼院~坦下坩媼院⇒弋瓠⇒澣瓠〴鼎─"預検ゟ況癲"狃漫↔戮靴垢ǂ掘⌅親扱狙\xAE、違和感、誤解、曲解、意図、意思、意向、反動形成、軽蔑、各種常識、良識、良心、識別力、無理解、無関心、無思慮、無分別、無理、無茶、無謀、無鉄砲、無法、軽薄短小、生霊、

死霊、呪詛、怨恨、怨嗟、ひがみ、そねみ、ねたみ、承認欲求由来の全て、交感神経に関する情緒、羨む、妬む、疎む、憎む、恋う、頼る、避ける、悲しむ、泣く、苦しむ、困る、呻く、怖れる、淋しい、虚しい、苛だたしい、惨め、嫌う、悪む、憤る、鬱ぐ、昂ぶる、焦る、慢る、驕る、傲る、罵る、叱る、蔑む、辱む、侮る、謗る、咎む、怒る、怨む、呪うと、副交感神経に関する情緒語、親しむ、愛でる、慕う、哀れむ、憐れむ、想う、思う、喜ぶ、媚ぶ、笑う、楽しむ、安んずる、慶ぶ、睦む、誇る、好む、憂う、沈む、鎮む、褒める、尊ぶ、慈しむ、根本情緒語である五情、覚える、省みる、悔やむ、恥じる、畏れる、に由来する全て、意識のスケールにおける神の視点としての、自己、存在すべて、一なるもの、賢さ、慈悲、霊感、授権、許容、無関心、報復、否定、懲罰、軽視、避難、悪意、嫌悪、人生の視点としての、完璧、完結、恩恵、意義、調和、希望、満足、実現可能、要求、敵対、失望、脅威、悲劇、絶望、悪、悲惨、レベルとしての解脱、平和、喜び、愛、合理性、受容、意欲、中立、勇気、プライド、怒り、欲望、恐れ、悲嘆、無気力、罪悪感、恥、ログとしての、7001000

広告を非表示にする

発音の思い出

道産子は、「椅子」の発音が、内地人と違うらしい。

中学生のころ、男の子たちが私に向かって、椅子を指さして、「これはなーんだ?答えてみろ」とよく言った。私に、「椅子」と発音させては、ゲラゲラと笑った。いなかっぺ、いなかっぺ、田舎クサい、ダサいやつ、と言われたものだ。

私はかなり真剣に考えた。「椅子」の発音が、みんなと違う、というのは、そんなに悪いことだろうかと。

出した結論は、悪くない、ということだった。私は何も悪くない。誰にも、後ろ指さされるようなことはしていない。だったら堂々としていよう。私が悪くないことで、くよくよ悩んでも、仕方ないじゃないか。椅子は、椅子だ。何が悪い。

もう気にしないのだと、誰に何と言われようと、気にしないのだと決めた。中学校2年生のころだった。

そう決めて以来、男の子たちは、私をあまりからかわなくなったように思う。私が私立の中学校に受かって転校するとき、最後に男の子たちが、からかってごめんな、と謝ってくれて、びっくりした。ふとしたことで、そんな昔のことを、ぼんやりと思い出した。

広告を非表示にする

明日木曜

8月10日(木)

「中野お笑いクリニック」

中野Mスタジオ

開場20時50分開演21時

500円

出演

・メルヘン須長

・森林子

・まん☆だん太郎

・チバタネヒデ

・カンダ

・だーよし

・ノンタクトしゅん

・めざわり

・清水狸

よろしくお願いします。

広告を非表示にする

雑な。

皆様こんばんは(TT)。

今朝のサウトリ洋食の日より、ドレスドオムライスに挑戦。

いつものことながら写真が雑ですみません。

ご訪問ありがとうございます。

おやすみなさい。

英美拝

広告を非表示にする

大きな施設だと

電柱から来た6600Vを受け取る高圧受電設備のキュービクルに異常が起きると

停電することがありますね・・・。

原因は何だろう?

■国立病院で停電、一部の入院患者が帰宅 敷地内で断線

(朝日新聞デジタル - 08月08日 20:29)

広告を非表示にする

休日を

おはようございます。ヒューマンコーディネーターの澤田です。

今日は、お休みですが愉快な仲間達と葛西の方までお勉強しにきてます。

湾岸線を走っています。

お勉強をして更にスタッフを元気にする!

お客様に笑顔を

顔晴ってきまぁす。

広告を非表示にする