道の駅かでなから

道の駅かでなは、

米軍嘉手納基地を一望できる大胆な作りになっています。

昨日の民間機や自衛隊機の着陸など無くても毎日毎日騒音に包まれている場所です。

海外や国内の観光客は、

ただ単純に戦闘機の見学に来ている

程度、真剣に嘉手納基地へ問題意識を

もっている人は一握りでしょう。

でもその一握りが現状を広めてくれる

ことを切に願っています。

日米安保は戦後70余年、沖縄が支え続けているんです。

嘉手納基地の騒音は、嘉手納だけの問題ではありません。普天間基地の騒音も宜野湾だけの問題ではありません。

空には騒音を遮るものはなく、いつでもどこでも沖縄の空には騒音があるんです。

沖縄はそれを70余年耐えてきたのだから、そろそろ日本政府がイニシアチブをとって規制すべきです。それは沖縄出身の国会議員達の仕事ではないでしょうか。保革を問わない問題なのではないでしょうか。

広告を非表示にする