『ジャコメッティ展』(国立新美術館)・・・若き時代からキューブの時代を経て、晩年まで

I went to Art museum- the National Art Center, tokyo. Special Exhibition is Alberto Giacometti.His special Cube shocked me.

ユベルマンジャコメッティのキューブ時代を論文にしている。とてもすばらしい批評だと思う。彼は対象との距離に苦しむ。どうやって描いてよいかわからない。最初は目の前の対象を描けず、記憶の中の人物を作る、描くようにした。そして徐々に身近な人物に、厳しく動かぬように指示し、作り始めた。表面はごつごととして、細い線で身体が捉えられ、時に極小の像になり、時に丈の高い見上げるような像を作る。また群像で提示する方法も考えついたようだ。

セザンヌも「見たように書く」を自分に課した画家だが、ジャコメッティもそうだ。しかし、その魔に踏み込んだ者は一生をそれに捧げなければならなくなるらしい。