道路に接道していないと家は建てられません。

こんにちは滋賀県大津市土地家屋調査士の竹内です。

道路に接道していないと家は建てられません。

原則、家を建てるには2以上の公衆用道路に接していなければ行政の許可建築確認が下りないのです。

では、図のような土地の場合はどうなのか?

条件として、

甲土地所有者は、乙土地所有者はとする。

とは親子とする。

この時、は乙土地に新築建物を建てることが出来るか?

乙土地は公衆用道路に接道していないため、建築確認が下りるかが論点となります。

建築確認が下りなければ、甲土地を分筆し、その後、接道させるために所有権移転所有の甲土地の一部をに所有権移転が必要となる。

反面、行政機関の建築確認が下りれば分筆は不要となる。

そもそも、なぜ土地を公衆用道路に接道する必要があるのか?

接道していなければ、他人の土地を通って自分の土地に入ることとなり、通行料を請求されることもあるし、場合によっては嫌がらせをされ、完全に袋地死に地となってしまうこともあるのを防ぐためと思われる。

だから、新興住宅地の敷地は必ず、接道して土地の区画が配置されているのです。

話がズレましたが、図の場合には結論から云うと、親子関係の土地と云うことで、必ずしも乙土地が接道していなくても良いとのことでした。今回は追加の分筆が不要でした。

行政機関によって考え方が違う場合もあるので、このような場合でも、必ず管轄する市町村の行政に確認を取ってください。

土地を測量から土地分筆登記までの費用はいくら?

ざっくりと土地を測量してから分筆登記するまでの費用について考えます。土地の一部を売却したい。全ての土地を抵当に入れたくない。相続で分筆して使いたい。

竹内土地家屋調査士事務所では土地の分筆登記を行っております。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

不動産の登記は分かりにくく一般の方には馴染みの薄いものです。

〜あなたの大切な子孫に禍根を残さないために〜

土地登記境界紛争、建物登記でお悩みのことがある方は土地建物不動産の調査は表題登記の専門家

滋賀県大津市竹内土地家屋調査士事務所まで相談下さい。

名称竹内土地家屋調査士事務所

住所滋賀県大津市真野二丁目2番44号

携帯09066779534

主な業務エリア

滋賀県大津市高島市草津市守山市野洲市栗東市湖南市竜王町近江八幡市東近江市彦根市甲賀市、日野町、愛荘町甲良町多賀町

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜